管理人の紹介

【基本情報】

   氏名: 伊賀上 剛史(イガガミ タケシ)
 生年月日: 1976年08月31日
  出身地: 大分県(※01)
 現住所地: 首都圏
脳のタイプ: 完全理系脳(アスペルガー脳)
人生の目標: 知を究める

※01:大分県臼杵市に生まれ(戸籍上は、大分県佐伯市)、8歳までに県外を含む6度の転居を経験。以降、青年期までを大分県大分市で過ごす。

【特記事項】

— INTP型、及び、INTJ型 —

 ユングのタイプ論をもとにした、世界45カ国以上で活用されている、国際規格に基づいた性格検査である、MBTIを受検した結果、判明しました。尚、異なる2つのタイプ(とは言え、判断型か知覚型かのみの違いですから、ほとんどの部分で共通しています)を併記しているのは、私は同検査を過去二回に渡り受験しており、一回目はINTP型、二回目はINTJ型と判定された為です。
 これら2つのタイプは、いずれもアスペルガー症候群の人間の占める割合が顕著に高く、また、職業別に見ると、前者(INTP)は科学者や技術者・医師といった高度専門職者に多く、後者(INTJ)は優れた政治家や軍人・経営者に多いタイプである事が、一般には知られています。

— 高知能者・アスペルガー症候群 —

 知能検査では、大概の場合に於いてフルスコア(満点)か、それに近い数値(ケアレスミスにより、一部減点)を記録しています。一方で、過去に一度だけ、著しく低い数値(IQ40。ちなみに、この数値は、測定可能な下限値に近く、重度の知的障害に分類されます)を記録していますが、これには、(通常人に対する)共感性に乏しい― 出題形式そのものに対する解釈の相違が、出題者との間で生じている ―という、アスペルガー症候群特有の性質が関係しているものと思われます。尚、同様の現象が見られる人物は、他にアンリ・ポアンカレ(※02)やジェイコブ・バーネット(※03)などがいますが、彼らはいずれも、専門家によりアスペルガー症候群である可能性が高いとされているか、もしくは、アスペルガー症候群の診断を受けています。
 高知能者である事と、アスペルガー症候群である事を同一項目としたのは、この両者には密接な関係があるものと考えられるからです。事実、自閉症の遺伝子と(高)知能との関連は、英エディンバラ大学の研究により既に明らかにされていますし、あるレベルを超えた知能の持ち主は、全てアスペルガー症候群であると主張する専門家も、少なからずいる様です。もっとも、これは、脳が知性を司る領域に偏って発達するというアスペルガー症候群の特性(アスペルガー症候群が”発達障害”に分類されるのは、この特性によるものです)から考えれば、当然の帰結ではあります。
 私は、都内の専門医により、アスペルガー症候群の診断を受けました(アスペルガー症候群の正式な診断は、専門医でなければ下せません)が、それは成人してからの話であり、私の青少年期は、アスペルガー症候群というもの自体が、殆ど知られていませんでした。と言うのも、オーストリアの小児科医、ハンス・アスペルガーが、際立った能力を持つ子供達の共通した特徴を発見したのは、戦前の話ですが、その研究成果は長い間、埋もれてしまっていたからです。今では、学会に広く認知される所となり、しっかりとした診断基準も策定されました。しかし、専門医の数は、アメリカ・欧州に比べれば、まだまだであると、私は感じています(事実、私が専門医にかかり、診断を受けるまで、実に半年の月日を要しました。つまり、需要に対し、供給が追いついていない…専門医の数が、圧倒的に足りてない訳です)。マイノリティである、アスペルガー症候群にとって、その理解者の存在は大変ありがたいもの。今後の専門医の増加が期待されます。
 最近では、アスペルガー症候群もすっかり有名になりました。医師や学者(特に科学者)、エンジニアに多く、有史に残る天才や偉人の大半はアスペルガー症候群だったという事実が、それを後押ししているのでしょうか。これは、アスペルガー症候群当事者である私にしてみれば、大変喜ばしい事です。

※02:オーストリアの数学者。彼は、開発されたばかりの知能検査で、平均を大幅に下回る数値を記録した。
※03:アメリカの天才少年。彼は、2歳の時に自閉症(これには、知的障害の診断が含まれる)の診断を受け、生涯、普通の生活を送る事は難しいとされたが、僅かな期間の学習を経て、11歳で大学への飛び入学を果たした。尚、かつては平均の100を大きく下回っていた彼のIQは、後の測定により170である事が判明している。

— 元Geniuses会員(2012年12月に組織が活動を停止) —

 人口上位0.1%の知能を持つ者だけが入会を許される、高知能団体(高知能者である事を、入会資格とする団体)であり、

① 入会の資格審査で用いられる証明書類が、信頼できる第三者機関(国公立大学や、一定規模以上の病院など)により発行されたものであり、且つ、それが学術的に認められた方法(wais-iiiなど)によるものである事、及び、然るべき有資格者(医師・臨床心理士など)により適正に管理された環境下において行われた事が、客観的に明らかであるものに限定されている事。
② 徹底した秘密主義。

を特徴とします。
 ①は、他の高知能団体との差別化を図るべく用いられています(他の高知能団体は基本的に、私的な団体により行われた、学術的に認められておらず、また、有資格者による管理が行われていない検査の結果を採用しています)。
 ②は、予想される様々なリスクを回避する為の措置です。双方が会員である事を確認するための、秘密の手続きを持ち、本部や集会の場所、他の会員の情報等、それに関わる一切の口外が禁じられています。また、入会には原則、会員の紹介が必要となりますが(つまり、この”紹介”が、会員に付与される特権の一部を構成している訳です)、入会資格の厳しさと秘密主義が相俟って、新規入会は希です。

— 元MENSA会員(2014年05月に退会) —

 最もよく知られた高知能団体ですが、MENSAにより定義される知能指数と、本来的(学術的なレベルで認められている)な意味での知能指数とは異なり、前者の人口上位2%は、実質的には動作性知能の一部下位検査項目(行列推理)に類似した能力のみの、人口上位10%程度です。詳しくは、本ウェブサイト記事、”MENSA(メンサ)”参照。