正しい日本語

 少し古い時代の人たちに言わせれば、現代人の言葉は乱れているのだと言う。例えば、”ら抜き言葉”などは、その典型であるとの事である。だが、この”乱れ”の意味が、私にはよく分からない。
 ”乱れているか否か”を評価するには、当然に何が正しいのかが明確でなければならない。しかし、これらの者たちの話を聞くと、彼らは自らが馴染んで来た言葉を”正しい”と、頭から思い込んでいる様である。だが、彼らが馴染んでいる言葉にしても、彼らよりも古い世代の人たちから顰蹙を買っていたであろうし、その古い世代の人たちにしても、やはり同様であろう。日本語(のみならず、言語)は、そうやって世代間に於ける小さな変遷を繰り返しつつ、継承されて来ている。だからこそ、現代人の多くは源氏物語を読む事が出来ないし、私が入試で古典の問題に挑んだ際も、鉛筆を転がして答えを決定しなければならなかった訳である。
 言語は、生き物である。肯定と否定が繰り返され、改善されて行くものである。例えば、ある時代の、ある地域に発生した言葉は、使い勝手の良いものであれば、広く後世に受け継がれて行くだろうし、そうでなければ、廃れて行くだろう。こういった、言語の使い手たちによる自然選択により、言葉は進化して行く。つまり、言葉の進化の過程は、本質的には生命の進化の過程と同じなのである。
 そう考えれば、古い言葉を意図的に残さんとする行為が、如何に馬鹿げたものであるかは、良く分かるというものだろう。ちなみに、”最近の若者は…”という言葉は、古くは古代エジプトの壁画に見られるらしい。つまり、何の根拠もなく、”自分の慣れ親しんだ文化こそが、絶対的に正しい”と思い込んでしまう愚かしさは、斯くも古くから繰り返され続けて来ているという事である。
 言語が生き物である事、そして、それが進化するものである事を考慮した上で- つまり、洗練されて行く過程(進化)の邪魔をしない様 -(正しい)日本語を定義するならば、”日本語圏に於いて、そのまま、若しくは、僅かな説明を以て通用する”といった辺りで良いのではないかと思う。思い込みや偏見からは、何も生まれない。従前、使われていなかったというだけの瑣末な理由で、”そんな日本語はない”と鬼の首でも取ったかの様に声高に叫んでみた所で、それは、日本語の持つ可能性の芽を摘む事にしかならない。