科学的であるとは、どういう事か?

 血液型別性格分析なるものがある。これは、血液型と気質の相関を前提とした上で、それぞれの特徴を探るといった趣のもので、代表的な似非科学の一つとされている。
 これを支持する者の多くは、”これは、占いの類ではなく、科学だ”と主張する。統計的に割り出されたデータに基づいているから、科学的だ…と言っているのである。無論の事、統計学そのものは、理論がしっかりとしているから、これにより検証されたものに、科学の名を冠する事に異論は無い。また、反証可能性という点でも、カール・ポパーの定義に従えば、”科学的”と言えるだろう。
 しかし、それらのデータが認められていないという現状が意味する所は、データの採取に不手際があるか、或いは、再現性がないという事であろう。また、20世紀初頭には、専門家の間でも、この種の研究は盛んに行われていたが、そこで検証されたデータが、有意なものとして認められていないという現状が意味する所は、それらが科学の目に適う程のものではなかったという事である。事実、あれらの研究は恣意に満ちており、科学的な検証が、極めて非科学的な形で行われていたというのは、よく知られた話である。
 一時期、TV番組などでは、血液型による行動パターンの違いに、統計的な検証が試みられていた。それには、血液型により分類された集団の行動パターンの違いが、余りにも顕著に現れており、しかもその”顕著な違い”は、他番組でも同様に見られた。偶然とは、考え難い。
 だが…もし、あれが本当だとしたら、血液型による気質の違いが、少なくとも統計的には示された(サンプル量が、少な過ぎるが)事になるから、学会はおろか、社会をも揺るがし兼ねない大発見である。しかし、あの程度の検証ならば、過去に何度も試みられてるであろうし、その検証で、あれだけ顕著な違いが現れているならば、それらはとっくに、専門家たちの目に留まっている筈である。それらの検証により、有意差が見られないからこそ、現在では、”血液型により、気質に違いが生じる”という説そのものが否定されていると考えるのが、妥当であろう。
 そう考えれば、あれらの番組は、眉に唾を付けて見る必要がありそうである。そもそも、娯楽番組の制作スタッフが、第一発見者…などという事は、およそ有り得そうにない。そうこうしている内に、それらの番組の中の一つで、”やらせ”発覚。当然である。
 だが、誤解して欲しくないのは、私は、”血液型により、気質に違いが生じる”という説そのものを、否定している訳ではないという事である。これを肯定するだけの根拠は見つかっていないが、逆に、完全に否定し得るだけの根拠も、どこにもない。ならば、現段階で有力な証拠が得られないだけで、実際には、血液型と気質との間に相関がある可能性は、残るはずである。少なくとも、それが証明できないから、関連は無い…というのは、神の非存在を証明できないという事実を以て、神は存在すると主張するに等しい詭弁である。
 では、私の立ち位置は何処にあるのか…と問われれば、こうである。

”どちらとも、言えない”

 拍子抜けされた方も、いるのだろうか。しかし、どちらかであると断言する理由が無い以上、こう結論するのが最も”論理的”であり、”科学的”である。実は、この辺り、結構まちがえ易い。
 1870年台にアメリカで設立された、”エホバの証人”なるカルト教団がある。日本でも、信者の数は多いので、ご存知の方も多いと思うが、この教団が刊行している”ものみの塔”なる機関紙は、いつもパターンが同じで、導入部分の至る所に科学知識がちりばめられており、肝心の詰めの段階に入ると、途端に教義が絡んできて、論理が飛躍してしまう。つまり、科学的に”見せかけて”いるのである。しかし、言うまでも無く”科学的である”という事と、”科学の知識を用いて説明する”いう事は違う。科学的であると言い得る為には、少なくとも、客観的事実に基づき、論理が正しく展開されている必要がある。その点に於いて、彼らの主張は、本来的な意味での”科学的である”という事とは、決定的に異なるのである。
 オカルト一色のTV番組ならば、話は別だが、多少なりとも”まとも”な番組になると、よく見かける顔がある。早稲田大学教授の大槻義彦氏(現在は退職しており、名誉教授)である。様々な、”現在の科学では説明が付かない現象”に対し、真っ向から科学的な説明を試みる彼は、私自身、かなりのお気に入りである。しかし、彼の説明は、科学者に求められるレベルの厳密さ…という点から言えば、多少雑な印象を受ける。
 彼の手法は、霊的な現象と呼ばれているものを再現する事により、”解明した”と結論づけるというものである。しかし、それは”解明した”のではなく、”有力な仮説の一つを示した”のであり、それを以って”解明”とするのは詭弁である。無論の事、この種の現象の多くは、そう頻繁に起こる訳ではないから、それ以上に詰めるのは難しい。しかし、それならば、それで良い。私が彼に望むのは、厳正なる論理的表現、即ち、”こういった理由で、十分に起こり得る”という、可能性ならば可能性を示唆した説明であり、(オカルト信者たち宜しく)結論を出し急がない、科学者然とした態度である。
 科学は、本質を映し出す鏡である。部分的にぼやけているのは構わないが、歪みが生じてはならない。そしてそれは、現状分かっている範囲で的確に- 即ち、客観的かつ論理的に -結論する事により、実現される。90%の確率で正しいならば、90%の確率で正しいと結論すれば良い。50%の確率で正しいならば、50%の確率で正しいと結論すれば良い。蓋然性が高いならば、そう結論すれば良いし、どちらとも判別が付かないならば、そう結論すれば良い。90%の確率で正しいものを、100%正しいと結論する時、その鏡には歪みが生じている。無理を通し、通理が引っ込んでいるのである。