腐敗

 東芝の子会社である、米ウェスチングハウス(WH)が連邦破産法を申請した。まあ、これについては、来るべき時が来たといった感じなので、然して驚きもしないが、私のよく知る東芝大分工場(昔、ここの体育館を使わせて頂いた事がある)の半分がSONYに売却され、あとの半分が東芝の完全子会社であるジャパンセミコンダクターの大分事業所になっている事には、私も多少なりと驚かされた。
 私は、大企業というのは巨大なタンカーの様なものだと考えている。少々の船に追突されたくらいではビクともしないが、舵を切り損ねると大事故に繋がる恐れがある。また、舵を切ってから実際に進行方向が変わるまでにはタイムラグがあるため、常に周囲の状況に気を巡らし、先々の事までをも的確に見越した上で、舵を切らなければならない。そして、それをしくじってしまった時は、その事を運命共同体たる乗組員に伝えた上で、被害を最小限に抑えるべく、最大限の努力をしなければならない。東芝号の歴代の船長たちは、氷山に追突する事はもはや不可避であり、船底に穴が開くのは時間の問題であったにも関わらず、航海は順調であるかの如く装い続けた。乗組員の被害を最小限に抑える事よりも、己が無力さを隠し通す事を優先したのである。
 一つ、不自然な点がある。かつて、株式会社ライブドアの社長だった堀江貴文は、粉飾決算の廉で東京地検特捜部に告発された。一方で、東芝の歴代社長が行った粉飾決算については、未だ検察は動こうとしない。片や50億円強、片や1000億円超であるにも関わらずである。これは、どうした事であろうか?
 こういった判断には、多分に心情的なものが働いているものと考えられる。堀江は生意気だ、傲慢だ。そして、社会的地位があり金もあり、その上、若さ(当時、30代前半だった)まで持っている。癪に障る、悔しい。何としてでも、叩きのめさなければ気が済まない…堀江に悪感情を抱く人間が考える事など、その程度のものであろう。まさしく下衆である。
 以前に、知り合いのイギリス人(日本人と結婚)が言っていた事を思い出す。「日本人は、最初は善良に見えるが、付き合いが深くなるにつれて嫌になる」…アメリカ人文化人類学者であるルース・ベネディクトは、その著書”菊と刀”の中で、”欧米は罪の文化だが、日本は恥の文化だ”と書いた。欧米人は、悪い行いそのものを忌む感情が強いが、日本人は悪い行いそのものよりも、それに対して後ろ指を指される事の方を恐れる…日本という国が、まだ世界に余り知られていなかった当時にして、実に慧眼だと思う。
 以前に書いた、メンサ日本語コミュ掲示板、並びに、メンサ公式サイト内(会員専用エリア)での一件(本ウェブサイト記事、”MENSA”参照)ではないが、個人が特定できない条件下に於ける、日本人の悪辣さはどうだろうか?また、堀江の一件で見せた、日本人の欺瞞性は?表向きは善良を装っているが、ひとたび影に隠れた途端に、その理性のたがが外れる。成功者の足を引っ張る- 人を不当に貶める -様な、下劣極まりない行為であっても、仲間が多いと見るや否や、その馴れ合いに期待し横暴を押し通そうとする。その小心さ故に、悪辣さが表立っていない状態を善良と呼ぶならば、そして、数の力により正当化されただけの悪意を正義と呼ぶならば、それらはあまりにも陳腐である。

 犯罪発生率の高い国もあれば、いま以て戦争をしている国もある。しかしそれは、社会の未熟さであったり欠陥であったり、或いは、一時的な不具合であったりといった性質のものであり、腐敗とまでは言えない。精神に於ける腐敗とは、本来ならば正しい(間違っている)と認識されなければならないものが、認識されない- 正義が、悪意により歪められている -状態を指す。この国が抱える様々な問題の本質は、そこに住む人々の腐敗にあるのではないか?…私には、そう思えてならない。