MENSA・追記②

 先日、JAPAN MENSA議長(会長)の竹市悟己氏より、本ウェブサイト記事”MENSA”に対する削除の要請があった。かなりの数のメンサ会員が、私の記事にアクセスしている事は、人伝に聞いていたので、私としても、いつかはこういった要請が来るだろうとは思っていた。
 かかる要請に応じる意思が、全くない訳ではない。ただ、それには、かつてやりたい放題にやっていた運営委員たち個人、並びに、組織による公式な謝罪がなされる事と、現在のJAPAN MENSAが、腐敗と馴れ合いにまみれた団体ではなくなっている事- それが、確認される事 -が条件である。
 私が入会した当初、JAPAN MENSA(※01)は存在せず、100名に満たない日本在住のメンサ会員の全員がダイレクト・メンバー(イギリス本部直属の会員)だった。JAPAN MENSAが発足すると同時に割り振られた、私の会員番号が48番(※02)であった事からも、その人数の少なさは伺えるというものだが、運営委員の面子も、かつて私が在籍していた頃と比べると、かなり入れ替わっている。
 彼らが、腐敗した組織を立て直してくれる事を、祈るのみである。

※01;メンサ日本支部だが、これは俗称で、正式名称は”Mensans in Japan”である。
※02:正確には、”1400048”であるが、”1400001”から始まるため、実質的な会員番号は48番となる。