AI

 ”自動運転システムがもたらす未来”が、久々に書いた記事であったせいか、早速の反響が私の下に寄せられた。その人物が言うには、私の主張は、AIの技術が完全に世に受け入れられる事が前提になっているが、そんな事は現実には考えられないという。以下、これについて、述べて行こうと思う。

 ちょっと前まで、AIに出来る事と言えば、掃除や洗濯といった、ごく単純なものに限られていた。ところが、最近では、高度知的専門職者が行う業務の一部までもが、AIで行える様になって来ている。例えば、米IBMが開発した”Watson”は、熟練の医師が思いもよらない治療法を考え出すと言う。また、法律事務所などでは、パラリーガル(法律業務の補佐的な仕事を行う者)の仕事の大半は、既にAIで代替可能なのだそうである。ところが、こう言うと、必ずと言って良いほど、AIに批判的な輩が現れる。そして、次の様に言うのである。

”機械に、人間の医師や弁護士の様な信頼は得られない”
”医師や弁護士の業務は、コミュニケーションも不可欠な業務だが、それはAIには出来ない”

 かつて、活字は全て、タイプライターで打っていた時代があった。英文のタイプライターでも、それなりの修練は必要だが、文字数の多い邦文となると、その習得はより困難になる。必然的に、タイピストの数は少なく、それを専門とする業者までもが、ある時期までは存在していた。
 日本語ワープロを最初に開発したのは、東芝の森健一を中心としたグループである。そのグループが、ワープロの開発に着手した際、当時の上司から、”市場が狭い(邦文タイピストが少ない)のに、売れる訳がない”と言われたのに対し、森らは、”この商品は、それを必要とする全ての人々をタイピストにする商品だ”と反論したと言う。どちらの方が正しかったのかは、現在に生きる我々からすれば明らかだろう。ワープロ専用機こそ、なくなってしまったが、今や活字文書の作成を生業とする業者など存在せず、ワープロソフトは、多くのビジネスマンにとって必須のツールである。
 米IBMが開発したチェス専用機であるディープ・ブルーが、時の世界チャンピオンであるガルリ・カスパロフを破ったのは、1996年の事である。この事は当時、驚きを以て世界中に伝えられたが、それでも競技の複雑さ(指し手の豊富さ)に鑑み、コンピュータが囲碁や将棋のトッププロを破るのは、まだまだ先の事だと考えられていた。しかし、今やコンピュータが人間に勝つ可能性に、異議を唱える者などいない。否、コンピュータが人間に勝つ事よりも、寧ろ人間がコンピュータに勝つ事の方が、話題性としては高いというのが実情だろう。トッププロの指し手の正しさを、コンピュータが判定する時代…これはもう、目前まで迫って来ている。

 AIの技術も、おそらく最初は戸惑いを以て迎えられるだろう。しかし、それもAIの実現する迅速さや正確さ、合理性の高さなどを目の当たりにするにつれ、徐々に信頼の度合いを増して行くはずである。そして、やがては人々の認識も、”AIでなければ、信用できない””コミュニケーションが取れない事など、問題ではない”に、変わって行くだろう。テクノロジーの進化は、それだけを変えるのではない。人間の認識までをも含む、多くのものを変えるのである。AIの持つ可能性を過小に評価したがる人たちは、詰まる所、歴史から何も学べない人たちなのではないか…私には、そう思えてならない。